KYB史料館

誠に勝手ながら現在、一般公開を休止しております。
何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

設立趣旨

「KYB史料館」は、当社の技術の歴史を紹介をする博物館です。当社は油圧技術の開発を核に戦後復興のリーダーシップを取り、ショックアブソーバや油圧機器、そしてその応用製品をその時代時代の要求に応えて開発し、世に送りつづけて来ました。「KYB史料館」では、当社の油圧技術のルーツや油圧技術の歴史をについて、解説的かつ視覚的に時代を追って展示説明をしております。

当社が「夢」を追い続ける姿についても、併せて未来展示ゾーンを設けて説明しております。展示内容は日本の戦後復興のインフラ整備やモータリゼーションに深い関係を持ったものが多数あり、毎週木曜日に一般公開をしております。

展示内容

ギャラリーマップ

フロアーマップ

フロアーマップ

メモリアル展示
メモリアル展示

零式艦上戦闘機に装着された主脚の緩衝器を展示しています。航空機用緩衝脚の技術が今日の自動車用ショックアブソーバに引き継がれています。展示品は、瀬戸内海の海底より回収したもので、30年以上海中にありながら主脚のメッキ部は光沢を保ち当時の技術の高さを示しています。

展示内容の概略

館内には8つのカテゴリーからなる製品群の生い立ちと部品構成、使われ方、そして展示できない大きな製品や企画をパネル展示しています。(舞台装置・免震装置・船舶関連) 8つのカテゴリーの展示は、まず「総合展示パネル」で該当製品群全体の機能や使われ方を図解し、 そして技術的歴史の位置づけを解説しています。什器内展示では、年代順にどういう製品が開発、生産され、時代の変遷とともに現在までに、どのように進化を遂げて受け継がれて来ているかをご覧いただけます。

展示内容