企業情報

KYBのCSR 環境への取り組み

KYBは、すべてのお客様に安心・安全な製品をご提供するために品質経営を根幹として、社会から信頼されるモノづくりに努めるとともに、企業倫理を重視したCSR活動を推進することで、企業としての社会的責任を果たしてまいります。

スローガン

守ります みどりの地球   創ります 環境にやさしい製品

環境基本方針

人と地球にやさしい製品づくりをするとともに、環境保全活動を経営に対する評価の重要な指標と位置付け、積極的に推進していきます。

  • 1.環境への負荷の少ない循環を基調とした生産活動及び企業活動を整備、構築する。
  • 2.全社的、長期的かつ持続的な活動、展開を図る。
  • 3.地域社会との調和を図り、良き企業市民として社会に貢献する。
  • 4.一人ひとりの役割分担を明確にし、全員参加による活動とする。

2017年度から中期方針フェーズ3を策定しており、環境・安全においても「決め事遵守・スピード・挑戦」をキーワードに新たな中期方針を策定し、活動をスタートさせています。

環境・安全中期方針(2017年~2019年)概要

1.エネルギー・廃棄物の最少化を目指した工場づくり
エネルギーの部分供給に向けた環境整備
エネルギーの見える化による諸施策の推進
廃棄物減容と再資源化の促進
2.労災ゼロ・火災ゼロの拠点造りと拡大
労働災害に対するリスク評価と対策の推進
火災ゼロ
  • 環境負荷の低減活動PSVL2-42外観
    熊谷工場の屋根に遮熱塗装を施工し、室内温度2℃低下、空調負荷を減らすことで7%/年のCO2 排出量削減を実現。
  • 省エネ製品の開発5-3 1号棟屋根遮熱塗装写真
    新製品の小型ショベル用油圧ピストンポンプを開発。ショベルの作業性向上と省エネ化に貢献。
  • 社会貢献活動の推進競技中の鈴木選手
    特定非営利活動法人日本障害者スキー連盟アルペンスキーナショナルチームのオフィシャルスポンサー/サプライヤーとして、日本チームのチェアスキー用ショックアブソーバの製品開発・技術サポートを実施。

※その他の活動については、環境・社会報告書をご覧ください。

このページの先頭へ