HOME / 社員インタビュー / 設計(オートモーティブコンポーネンツ事業)・井ノ口 拓実

設計

良好な
コミュニケーション力で
世界中のクルマの
「乗り心地」を決める

オートモーティブコンポーネンツ事業本部 
サスペンション事業部 技術部 第二設計室

井ノ口 拓実TAKUMI INOGUCHI

理工学部・機械工学科卒
2014年入社

KYBを代表する
モノづくりの司令塔として
コミュニケーション力を発揮

クルマの乗り心地を決める重要な部品「ショックアブソーバ」の設計・開発を行っています。カーメーカーの要望に対して「KYBならこんなことができます」と提案できる仕事でもあるので、「会社を代表するのは自分」という責任から、カーメーカーに足繁く通い、ニーズを引き出します。具体的な仕事の流れとしては、カーメーカーの要望に合う製品の形状や部品を決定し、社内の解析グループとともに品質を検討。確定した仕様に沿って試作品をつくり、実験部に依頼して走行テストなどを実施。すべての要求をクリアさせ量産化へと進ませます。途中の工程で不具合があれば自分に戻ってくるため、“モノづくりの司令塔”的な役割とも言えますね。また設計は寡黙なイメージがあるかもしれませんが、お客さまの要望に応えるためには各部署との連携も不可欠となるため、実は設計に掛ける時間と会話に掛ける時間は5:5。自分の意志をしっかり持ち、それを伝えるコミュニケーション力も大切だと実感します。

和気あいあいとし、
若手も挑戦しやすい風土

サスペンション事業部の設計部門には約100名が在籍しています。フロアは電話が鳴りやまず、活気に満ちています。和気あいあいとした雰囲気なので、上司にも相談がしやすく問題解決がスムーズ。物腰が柔らかな社員が多く、時には雑談を交えながら、穏やかに仕事に取り組めています。私は上司の指導のおかげで入社1年弱で独り立ちし、あるメーカーのショックアブソーバを一人で設計しています。ある時、試作品の段階でミスに気づき、上司に報告しつつも試作課や他部品メーカーの協力を仰いで、何とか納期に間に合わせたことがありました。一人で対応し乗り超えた経験から、モノづくりに対する強い責任感と周囲への感謝が大事だということを学びました。このように若手のうちからスキルに応じた仕事を任せられ、成長を実感できるのもKYBの魅力。一つの製品につき設計から完成まで2年ほど掛かるため、苦労の末、最終製品を手にしたときの達成感はひとしおです。

世界を知り、人として成長し
世界中のクルマの乗り心地を高める力に

現在、北米拠点で量産する製品の設計も担当しています。KYBの北米拠点の担当者はアメリカ人のため、英語でのコミュニケーションが欠かせません。メールでの意思疎通はできるようになりましたが、会話では思うように伝えられない苦い思いをし、英語力の向上が当面の目標です。KYBは海外拠点に恵まれているので、いずれは北米拠点の設計部門で働き、まったく異なる環境に身を置いて、人間的にもっと成長したいと考えています。また今はクルマの仕様に合わせた製品を設計していますが、私の夢はすべての「ショックアブソーバ」に使われる主要部品を自分の手で生み出すこと。今、世界中のクルマの約5台に1台がKYB製ショックアブソーバを装着しています。どのカーメーカーにも属さない独立系メの強みを生かし、世界中のクルマの乗り心地を高めていきたいです。

SCHEDULE
08:00 出社/メールチェック。1日のスケジュールを立てます。
09:00 次期モデルの試作仕様検討。次期モデルのショックアブソーバについて、仕様を検討します。
11:45 食堂で昼食。毎日複数のおかずがあり、昼食が楽しみです。
12:30 ミーティング。グループでミーティングを実施し、情報を共有します。
13:00 サプライヤと打ち合せ。ショックアブソーバの新規部品について、部品メーカーと打ち合わせをします。
14:00 次期モデルの試作仕様決定。午前中に検討した試作品について、図面、仕様書を作成します。
17:00 試験計画。次期モデルのショックアブソーバについて、必要な試験の計画書を作成します。
19:00 メール送信。北米拠点に英語で依頼事項をメールします。
20:00 退社。たまに寮で自炊します。最近のブームは鍋です。
OFF SHOT!

普段の土日は交際相手と過ごし、日頃の疲れをリフレッシュ。有給休暇を取った平日は、愛車で近郊のサーキットに出掛け、走行練習することも。オイル交換はもちろん、足回りのアーム類の交換等、簡単な整備なら自分で行います。

学生時代はたくさん遊び、
自由な発想を蓄えてください

中学3年生の時に読んだマンガでクルマに興味を持ち、学生時代は「自動車技術研究部」に所属し、クルマの整備や研究に夢中になりました。そこで「走る楽しさと乗り心地を両立させたい」と思ったことが、ショックアブソーバの最大手であるKYBに入社した決め手となりました。就職活動中は「勉強した方がいい」という声を聞きますが、「遊び」も大切にしてください。仕事に役立つ勉強は、就職してからでも十分学ぶことができます。それよりも、自由な時間のある学生時代にしかできないことを全力で楽しみ、「自由な発想」を蓄えてほしいと思っています。私自身、アルバイトやサークルにも全力投球し、人生経験と広い視野を持つことができました。あと、一人でアメリカに出張し戸惑った経験から、海外旅行もぜひおすすめしたいです。悔いなく楽しんだ学生時代の経験は、必ずや仕事に生かされると思います!

CAREER
2014 入社。2カ月間の研修、3カ月間の現場実習を経て、サスペンション技術部に配属。岐阜北工場でショックアブソーバの設計、開発を担当する。
2015 上司、先輩が変わりながらも、自分は担当メーカーが変わることなく今に至る。現在は北米拠点で量産するショックアブソーバの設計を担当。