HOME / 社員インタビュー / 設計(ハイドロリックコンポーネンツ事業)・武井 元

設計

油圧機器の
設計担当として
世界初となる
新たな技術に挑戦

ハイドロリックコンポーネンツ事業本部 技術統轄部 
相模油機技術部 ポンプ・モータ設計室

武井 元GEN TAKEI

理工学部・精密機械工学科卒
2013年度入社

“なんでも屋”として
開発から量産まで責任を持つ

私は、ショベルカーなどの建設機械向け油圧機器を取り扱う部門で、油圧ショベルに搭載されるピストンポンプの設計を担当。新製品開発業務と、お客さまの要望に応じて量産製品のカスタマイズ・原価低減・品質改善などを行う業務を兼務しています。具体的には、図面の作成や技術的な検討を行うことがメインですが、調達から製造現場に至るまでと設計が影響する領域は非常に幅広いです。不具合が起きれば技術面の相談や意見を求められますし、営業からはお客さま先で設計に関するプレゼンテーションを依頼されたり、調達と一緒に仕入れ先との打ち合わせに同席したりします。結果的に製品の生産に関わる“なんでも屋”となるため、技術的な知識だけでなく、総合的な能力が必要であると感じています。製造業において、やはり “設計は花形”だと強く思っていたため、入社3年目に実験から開発のポジションへ異動できた時はうれしかったです。

自分のアイデアを形にして、
受け継がれる醍醐味を知る

私たちの仕事は個々に担当製品を任されることが多いため、自分の意見を反映しやすく、主体性と責任を持って仕事に取り組めます。誠意を持って行動していると、社内やお客さまからの信頼が増し、担当製品に関して自分が欠かすことのできないピースであることを実感できるようになります。KYBの主力事業として世界に誇る高度な油圧技術は、マイナーながら様々な形で新たな可能性に挑戦できる分野だと感じています。自分のアイデアが製品化された時の達成感はたまりませんし、うまくいけば特許を取ることもできます。また他の製品開発に受け継がれていくことも設計の醍醐味だと思います。私の今の目標は全く新しい技術を生み出し製品に適用させることで、設計担当として取り組んでいる既存業務の生産性や精度の向上、効率化によって生まれた時間を利用してアイデアを練っています。

若い社員が挑戦し、
自分の仕事に誇りを持てる風土

私が初めて担当した開発品は、量産の立ち上がりを目前に、耐久試験で破損してしまいました。知識や経験が浅く、検討した結果に対して最終的な決断をするのが難しかったのですが、それでも諦めず、上司や先輩方の力を借りて製品を日程通りに立ち上げることができました。主体性を持てる仕事は、指示されてやらされている仕事とはモチベーションの質がまるで違います。しかも、いざトラブルがあれば、しっかりフォローしてくれる温かい仲間がいます。KYBは若手の社員であっても意見やアイデアが尊重され、チャレンジできる環境があります。未熟でも自ら積極的に挑戦する人にはどんどんチャンスを与えられ、間違いなく第一線で活躍できるようになります。私にはそうした風土こそがKYBの一番の魅力だと思います。

SCHEDULE
08:00 出社/メールチェック。出社後すぐにメールチェックを行い、その日の段取りを行います。
09:00 CF一体活動。直接・間接部門を含む工場全体の品質向上活動の朝一ミーティング。製品群ごとに関係部署一体の品質改善チームを組んでおり、毎朝のミーティングを行い日々品質改善に取り組んでいます。
11:00 新規製品の生産準備会議。生産管理部とともに、新製品の生産までの日程や段取り等の打ち合わせを行います。
12:00 昼食。食堂で昼食をとります。メニューが豊富です。
13:00 設計検討・図面作成。設計として一番重要な業務です。検討を怠ると、後で不具合として確実に返ってきてしまいます。
18:00 退社。社会人になってからゴルフにはまり、時間があれば練習に行きます。
OFF SHOT!

会社の独身寮生活をしているため、休日はほとんど彼女や同期と約束して、外に出掛けます。温泉やおいしいものを食べに行ったり、長期休暇は旅行に行ったりして、気持ちをリフレッシュ。同期とは一緒にゴルフを楽しんでいます。

会社説明会や交流会よりも
インターンシップで
社員の生の声を

私は大学の精密機械工学科で、解析を行うソフトウェアのプログラミングなど、情報処理技術を学んできました。就職活動では業界を問わず幅広い企業を見ましたが、KYBを選んだ理由は、歴史が長く安定した経営基盤があり、独立系企業のため完成車メーカーなどの意向に縛られずに自由な設計ができる点に魅力を感じたからです。KYBに少しでも興味を持った方は、ぜひインターンに来てください。説明会や交流会よりKYBを一番知ることができる良い機会になります。私も学生さんを受け入れたことがありますが、マンツーマンで会社の良いことも悪いことも、さらに技術のことも少し教えてもらえますよ。そして可能であれば、学生時代に主体性を持って自分で考え行動する習慣を身につけてください。意見があっても言わなければ伝わらないように、技術があっても使えなければ意味がありません。知識や技術より先に、社会では行動力が断然大事です。就職活動でも役立つ力になると思います。

CAREER
2013 入社。ハイドロリックコンポーネンツ事業本部 技術統轄部 開発実験部 第一実験室に配属され、主に油圧ショベル用走行モータの実験業務に従事。
2015 同技術統轄部 製品企画開発部 第一開発室に異動。油圧ショベル用ピストンポンプの開発業務に従事。
2017 組織改編により製品企画開発部が相模油機技術部と統合され、相模油機技術部 ポンプ・モータ設計室の所属となる。元々のピストンポンプ開発業務に加え量産業務も兼務。