HOME / 社員インタビュー / 生産技術・井戸田 雄太

生産技術

シンプルで
ムダのない工程が
世界に通じる
モノづくりを生む

オートモーティブコンポーネンツ事業本部 
ステアリング事業部 生産技術部

井戸田 雄太YUTA IDOTA

創造工学部・自動車システム開発工学科卒
2010年入社

「高品質、低価格、スピーディー」量産システムを支える
モノづくりの要

入社以来、主にクルマのステアリング関連の部品に使われる「アルミダイカスト(鋳造)」の生産技術を担当してきました。アルミダイカスト部品は車種ごとに形状が異なるため、品質の肝となる金型づくりには特に注力しています。生産技術の仕事を料理に例えると、オムライスといったメニューを決めるのが設計であり、材料の切り方、炒める手順など「どうつくれば、おいしく安く早く仕上げられるか」を考えるのが生産技術です。モノづくりの“つくる工程”が好きな人に向いていると思いますね。設計が描いた新製品の仕様図面をもとに、生産技術では必要な設備や工程、価格を検討し、量産できる製品形状を導き出します。そこからテストや品質評価を繰り返し、1年〜2年かけて量産へとこぎつけます。「より良い品質、より低価格、よりスピーディー」な量産システムを支える生産技術は、メーカーのモノづくりの要だと思っています。

製造現場はお客さま
「ありがとう」の言葉がうれしい

生産技術の仕事は、量産がスタートすれば終わりではなく、そこから第2章の始まりです。生産量が増えればどうしても不具合が発生するため、その都度原因を突き止め、改善を繰り返します。原因究明には、鋳造品をカットして分析したり、金型を何度も見直したりと地道な作業を繰り返しますが、試行錯誤の結果「不良品が減った」「作業が楽になった、ありがとう」などと製造現場から感謝の言葉を掛けられると、苦労が報われた、とうれしくなりますね。KYBには自分たちの後の工程の人をお客さまと考え、喜んでもらえる仕事をする、というポリシーがあり、特に新製品の立ち上げ時には、「生産部門の働きやすさ」を常に意識しています。「シンプルでムダのない工程」を実現できれば、現場作業の手戻りがなく、品質やコストに反映され、世界中のお客さまのメリットに繋がると思っています。

KYBの「チーム力」を生かし
より良い製品を提供する
技術を探究

入社3年目にタイ工場の工程立ち上げを経験したことが、私にとって一つの転機となりました。おおらかな国民性や想定外の不具合でスケジュールが遅れ、かつ相談すべき上司は別の海外拠点にいるという状況の中、1日ごとの目標を立て現地スタッフと共有することで、困難を乗り切ることができました。自分の業務範囲に集中していれば仕事をこなせていたこれまでと異なり、周囲に気を配り、チームとして巻き込むことの大切さを痛感。以降は仕事を任せられるようになり、目標を共有して皆で考える、KYBの「チーム力」を生かせるようになったと思います。現在、数年間同じ課題を抱えている製品の改善に挑んでいますが、テストや対策はやり尽くしており、もはや白紙から製品をつくり直す以外ない。これは新製品の立ち上げよりも厳しいことですが、実際の成果が不良率の減少という数字で現れたときの達成感はたまりません。今後もより良い製品を提供する技術を探り出し、チームの一員として貢献していきたいですね。

SCHEDULE
08:00 出社/メールチェック。関係部署・取引先からのメール内容を確認し、その日の業務を確認します。
09:00 製造部門との連絡会(定例会)。業務進捗や課題に関する情報交換および改善手法などの議論を行います。
10:00 現場確認。定例会で議題となった項目を現地現物で確認します。自分の目で見る事で新たな発見もあります。
12:00 昼食。社員食堂はビュッフェ形式で、好きなものを好きなだけ食べられます。
13:00 対策案検討・計画。午前中入手した情報を基に、今後の対策や実施計画を検討します。
15:00 各種手配・帳票作成。要な治工具や部品等の手配を行います。同時に帳票類の作成や修正を行います。
17:00 調査・検証・まとめ。テスト品の品質調査を実施し、その結果を総括。この結果で一喜一憂しています。
20:00 退社。宅までは車で1時間のドライブです。道中、考え事などで気持ちをリセットしています。
OFF SHOT!

モータースポーツ観戦&撮影が趣味で、鈴鹿サーキットへよく足を運びます。最近は通勤用に購入した車のカスタムやドライブにハマり、年間3万キロペースで走行。先日は青森県の大間など東北を巡り、6日で2700キロのドライブを楽しみました。

全世界のカーメーカーがお客さま
多岐にわたる業務で成長できます

子どもの頃から車好き。趣味の車を存分に楽しむために、自動車業界全体を俯瞰できる部品メーカーでトップクラスのKYBを志望。独立系メーカーで、系列関係なく全世界のカーメーカーと仕事ができる点も魅力でした。街中で自分の手掛けたダイカストを搭載した車を目にすると、苦労や達成感が脳裏によみがえりますね。KYBは、所属部署の専門技術だけでなく、多岐にわたる知識が身に付けられます。生産技術でいえば、図面検討やコスト試算、品質保証やプレゼンテーションまでと守備範囲が広く、視野を広げてスキルアップできる点に面白みを感じています。また、新製品の立ち上げでは他部署のメンバーが顔を合わせて毎朝会議をするなど、大企業ながらもアットホームな雰囲気も特長の一つです。KYBには、やる気に応える環境があり、充実した教育プログラムが整っています。素直な姿勢を持ち、失敗を恐れず挑んで一緒に成長していきましょう。

CAREER
2010 入社。現場実習(PS:パワーステアリング/ダイカスト)および現場応援(ショックアブソーバ/ストラット)に従事、岐阜北工場の生産技術部に配属。
2011 部署内研修として生産技術部工機課で生産設備の組み立て・改善業務に従事したのち、同部パワーステアリング量産グループに配属され、新規内製部品の生産工程立ち上げ業務を行う。
2012 担当部品がダイカスト(鋳造)に変更となり、EPS(電動パワーステアリング)/PV(ベーンポンプ)の新規製品の立ち上げ・品質改善業務を行う。
2013 KYB Steering Thailand(タイにある海外拠点)でCVT用PVダイカスト内製化を担当、タイ・メキシコの立ち上げ業務に従事。
2015 新規製品の開発プロジェクトに参加し、ダイカストの開発業務を行う。
2017 パワーステアリング第一生産技術課に異動。EPS内製ダイカスト部品を担当し、新規製品の立ち上げ・改善の業務に従事。