HOME / 社員インタビュー / 解析・永溝 喜也

解析

オールマイティーな
解析技術者になり
全製品の開発設計を
支援する

技術本部 CAE推進部

永溝 喜也YOSHIYA NAGAMIZO

工学系研究科・先端融合工学専攻卒
2012年度入社

製品開発を強力サポート
CAE技術で試作段階の実験を
シミュレート

CAEとは「Computer Aided Engineering(コンピュータ支援工学)」の略で、私の所属するCAE推進部は、工学的手法により製品における開発・設計の解析をコンピュータで支援する部門です。具体的には、開発・設計・試作というモノづくり工程の中で、設計図を3DCADに落とし込み、PC上で試作段階の実験を行う仕事です。試作品では困難な実験や莫大なコストがかかる実験もシミュレーションできるため、実験する回数を減らせるだけでなく、KYBの製品開発において大きな役割を担っています。社内の全事業部を対象に、依頼のあった製品について、強度や振動などオーダーに応じた検証を行っています。検証だけにとどまらず、目標値に耐えられる結果を出すためにはどのような形状にするべきかなど設計技術のサポートを行うこともあります。仕事はグループではなく、各個人に任されており、部内で電気系に詳しいのは私一人。そのため、主に電動製品の解析を行うことが多いです。

電気系のスペシャリストとして
技術を「通訳」する力の重要性

仕事の進め方は上司と相談して決めますが、基本的には個人の裁量に任されます。責任やプレッシャーは大きいですが、自分の考えで進められるだけに挑戦しがいがあります。機械系と電気系では同じ理系でも専門性がまるで異なるため、事業部の製品開発担当者と私の間に共通言語というものがありません。入社後に電動製品の解析を担当した頃は、どのようなメカニズムでこうした検証結果になるのか、解析内容を理解してもらえず苦労しました。今ではわかりやすい言葉に翻訳できる力を身につけ、機械系のエンジニアとも良好なコミュニケーションを図れています。解析した結果と実際のモノの動きが合致し、「すごいね、ありがとう」といった感謝の言葉をもらえるとやはりうれしいですし、依頼者の意図をくみ取れて要望通りの解析ができたことへの達成感もあります。さらに、自分の解析が製品の開発や問題解決に役に立った場合は本当にやりがいを感じますね。

広がる新しい分野の知見
若手がのびのび成長できる環境

私は大学院で、海洋温度差発電システムを陸から遠隔操作するための研究を行っており、理系といっても機械とは縁がなく、モノづくりにも実はあまり興味がありませんでした。しかし研究することは好きですので、KYBで電気系の知見を生かし、数年後の製品化に役立つ成果を残していく仕事は非常に私の適性に合っており、自身のスキルアップにも繋がっています。現在、機械や熱・流れの解析も少しずつ手掛けるようになり、今後は電気系のスペシャリストというだけでなく、機械・熱・流れといった全ての製品解析を滞りなく行えるオールマイティーな解析技術者を目指すという目標もできました。KYB は油圧に関する技術力が非常に高く、様々な製品を目にしながらその技術力を体験できるのは大きな魅力です。また、未経験の分野でも、尊敬できて頼りになる先輩や上司がしっかり支えてくれるなど若手が成長できる環境もKYBの魅力ですね。

SCHEDULE
08:00 出社/メールチェック。出社後すぐにメールチェックを行い、その日の段取りを行います。
10:00 解析。他部署から依頼のあった解析業務を実施します。
12:00 昼食。
13:00 打ち合わせ。他部署の解析依頼担当者へ解析結果を報告します。
17:00 退社。退社後は買い物をして、夕食の準備に取り掛かります。テンションが高い時はジム行って身体を鍛えたりもします。
OFF SHOT!

独身寮を出て、一人暮らしを始めたばかりで、料理、掃除、洗濯などの家事労働が増えました。長期休暇は旅行に行くことが多いですが、土日は同期と都内で映画鑑賞&カフェ巡りを楽しんでいます。カフェで食べておいしかったパンケーキを自宅で再現してみました。

専門分野にこだわらず
視野を広げた就職活動を

私は工学系の出身ですが、専門が電気系だったため電力事業系の企業に関心を持っていました。しかし、就職活動中に大学の教授から、「今の時代、電気の技術を必要としないメーカーはない」と視野を広げてみるよう促され、KYBを勧められたのが当社を知るきっかけです。いろいろと調べると、KYBは航空機をはじめ様々な乗り物の部品を生産していることが分かり興味が湧き、さらに世界トップクラスのシェア誇る製品を有していることに魅力を感じました。また、研究職として腰を据えて働きたいと思っていたため、会社の業績など事業の安定性、福利厚生などが充実して、転勤があっても安心して生活できる環境が整っているという点も重視しました。私の経験から理系学生の皆さんに伝えたいのは、今大学で学んでいる分野以外でも活躍の場があるということ。視野を広げて就職活動をしてほしいと思います。

CAREER
2012 入社。CAE推進部相模分室へ配属。製品の解析業務を行う。