HOME / 社員インタビュー / 営業・田中 翔

営業

KYB代表として、
自動車業界の最前線で
ビジネスチャンスを
広げる

オートモーティブコンポーネンツ事業本部 
営業統轄部 第一営業部

田中 翔SHO TANAKA

経営学部・経営学科卒
2013年度入社

世界に誇れる製品の提案力と
信頼される人脈づくりが成功の鍵

KYBが国内トップシェアの技術力を誇る自動車部品の一つに、車体の振動を吸収して快適な乗り心地を実現する「ショックアブソーバ」があります。私は入社以来ショックアブソーバをメイン商材として営業活動を行ってきました。大事なことはお客さまと良好な関係を構築し、今後のニーズや生産情報、開発情報など様々な情報をいち早くつかみ、競合他社よりも今後の取引を有利に進めること。現在は国内自動車メーカー2社の営業を担当し、社内的には、お客さまのニーズや課題などの情報を関連部署と共有し、私が旗振り役となって解決に努めています。自動車メーカーはどこも海外拠点を持っているため、当社の海外拠点と連携しながらサポートする機会も多く、岐阜やアメリカなど実際に製品を製造する工場へお客さまをご案内することも営業の役割です。人脈づくりとより良い製品の提案力。この両輪が営業を成功させる鍵となっています。

激しい競争の中で
お客さまのシェア率100%を目指す

私がお客さまから入手した情報の量や質によってビジネスを拡大させる可能性があります。もちろん、その逆もあり得るためプレッシャーも大きいですが、自分の行動次第で状況を変えられるので、非常にやりがいを感じます。直近では、私が担当するお客さまが北米市場で10%のシェアを持つ車種の継続受注に成功しました。グローバル規模で競合先との競争が激しい中、担当として2年間、丁寧に対応してきた成果だといえます。次なる挑戦として、私の一番の目標は新規車種の受注に成功することです。現在、営業をしているお客さまは現行メーカーの存在もあり、新規受注は非常に難しいと覚悟しています。しかし、他社に先行して情報をつかむことで、有利なソーシングを進めて最終的に受注をしたいと思います。営業はお客さまとKYBとの関係を結ぶ最前線に立っています。KYB代表として、私が担当するお客さまにはシェア率100%を目指します。

自社製品だからこそ
見て学べる環境も
将来は海外駐在が目標

お客さまもモノづくりのプロですから、見積金額の根拠を細かく質問される場合があります。製品の部品単位で製造方法や工程を知らないと説明できないため、最初はとても苦労しました。ただ、当社には調達部門や設計、生産技術といった関連部署に頼めば、工場で詳しい説明を受け、学ばせてもらえる環境が豊富にあります。入社6年でようやく全体がわかってきたところですが、新人であっても様々な仕事を任せていくことで経験値を上げ、成長を促してもらえることがKYBの魅力だと思います。現在、一度に2名の後輩が増え、指導担当に格上げになりました。後輩の質問を受け、改めて新鮮な気持ちで学びなおす面もあり、良い刺激になっています。今後さらに知識と経験を積み、ゆくゆくは世界の完成車メーカーを相手にできる海外駐在にもチャレンジしてみたいと思っています。

SCHEDULE
08:15 出社/メールチェック。出社後すぐにメールチェックを行い、全体の業務タスクの整理。その中で、今日中に処理する必要のある業務をピックアップ。
08:30 メール返信/社内業務。見積もり作成ほか、社内でしかできない業務処理を午前中に。
12:00 昼食。浜松町周辺で職場の方(上司・先輩・同僚など)と食事。
13:00 お客さま先へ移動。北関東のメーカー担当のため移動時間が長く、移動中もメール返信や打ち合せ用資料の確認などを行います。
15:00 お客さまと面談。基本、1社で2本以上打ち合せをスケジューリング。(例:調達部門と設計部門など)
17:00 面談結果の上司報告。電話で報告後、日報を作成。内容によっては関連部門に展開を行います。
19:00 業務終了。そのまま自宅へ直帰。
OFF SHOT!

土曜はバドミントンやフットサル、ゴルフなどのスポーツをはじめ、飲み会、ライブ、ショッピング&ドライブとアクティブに過ごし、日曜は休息日として、自宅で掃除、映画鑑賞などインドアに過ごすと決めています。

車へのこだわりが功を奏し、
「好き」を営業できる喜び

私が自動車業界に興味を持ったのは、自動車の構造そのものより運転が好きだというところにありました。KYBが手掛ける自動車向け製品は、乗り心地や操舵感といった運転の肝となる部品であり、その技術力の高さからショックアブソーバにおいては国内No.1のシェアであると知ったことが、入社の決め手になりました。今、私が最もこだわりのある製品の担当として大手自動車メーカーに営業をしているのですから、仕事は本当に面白いです。社会人になると学生時代よりも、さらに難しいことや大変なことにぶつかる機会が増えますが、それを乗り越えたときの達成感は格別です。KYBは若いうちから様々な仕事にチャレンジする機会を与えられるため、そうした達成感を感じられるチャンスが多く、しかもグローバルなレベルで自分の仕事に誇りを持つことができる会社だと思います。仕事に誇りを持ちたい方は、ぜひ一緒に働きましょう。

CAREER
2013 入社。本社 自動車向け営業部へ配属。自動車メーカー向けにショックアブソーバ、パワーステアリング用ポンプ、EPS(電動パワーステアリング)等を営業。