採用情報

市販営業部

市販統轄部 市販営業部

吉永 博美
岡山県出身

経済学部 国際経済学科卒
2012/4 入社

入社2年目の責任とやりがい

私の仕事は、新規製品の開発において海外の販社と日本の間に立って開発がスムーズに進むように調整することです。担当地域はヨーロッパ、ロシア、中東です。具体的には各販社への見積もり作成、業績の管理、現地の担当者が来日したときのアテンドなどをすべて英語で対応しています。

私の担当販社は3つですが、そこから支店が分かれているので実際はもっと多くの方々と仕事を行っています。そのやりとりについては私に任されているので、責任を感じるのと同時に、入社2年目にして会社から頼られているのだなと、やりがいを感じています。

知識がないものは日本語でも難しいのに、それを英語で説明しなければいけないというところが、当たり前ですがとても大変でした。1年が経ち大分慣れてきましたが、生産台数などの数字に関する知識や、造っている製品に関する知識など、文系ということもあって、理解できないことが多かったですね。言葉は訳せても、内容が理解できないのですから。上司の方には専門用語などでずいぶん助けていただきました。

一度は海外に駐在を

小さい頃から海外に興味があり、学生の頃にカナダのトロントへ留学をしました。就職してからは、1週間くらいでしたが、ドバイの展示会に出張しました。いつも電話やメールで対応している担当者の仕事を垣間見ることができたので、とてもためになりました。将来的に、一度は海外駐在を経験して直接彼らと仕事をしてみたいと思っています。まずは、出張ベースで、現地の人がどのような仕事をしているのか勉強していきたいです。

仕事を進める上で一番気をつけているのは、できるだけわかりやすく伝えるということです。むずかしい単語は極力使わないようにします。しかし、なかには一般的にはあまり使わない単語なのに、業界ではごく普通に使われているものもあります。そういった単語の意味をしっかりと掴んでうまく活用して仕事をしていきたいと思います。もっともっと勉強していかないといけませんね。

KYBの良いところ

KYBという会社では、文系の私でも理系の仕事に携わることでさまざまな経験を積ませてもらえますし、女性でも責任ある仕事ができます。さらに若手にチャンスを与えてくれるところが魅力だと思います。

ある一日のスケジュール

8:00
出社
午前
メールチェック、部内ミーティング
午後
マレーシア工場の方とテレビ会議
15:00以降
担当販社との打ち合わせ
退社後
ジムに行ったり、英語の勉強
英語は、本、ラジオ等で勉強する
Other Questions
趣味
旅行
スウェーデンが好きで何回も行きました
目標
ドイツ語の習得

このページの先頭へ