一次破砕、二次粉砕を1台で連続して行う木質粉砕ユニット。破砕設備を可能な限り小型、集約化することで、省スペース・低コスト・省エネを実現した都市型の木質粉砕機です。

強力な二軸式破砕カッターを採用、可能な限り小型・集約化をはかり、一次破砕から二次粉砕の処理の間で破砕物を送るベルトコンベアや定量供給装置などの周辺機器を必要としない、可能な限り小型・集約化を図った一体型としています。
周辺機器不要で省スペース・低コストなために設備レイアウトの自由度が高く、市街地の清掃センターや設備ストックヤードなどのわずかな空きスペースを有効活用した破砕設備の設置が可能です。
駆動装置は低動力・省エネ設計で低騒音。粉塵の発生が少ないので、市街地でも安心して作業ができます。また粉砕チップは農業・園芸・畜産・補助燃料など、さまざまな用途に利用できます。

一次破砕チップ
二次破砕チップ
一次
破砕機 
形式/型式
二軸斜歯式/WC700型
電動機容量 11kW 4P 200/220V 50/60Hz
電源 200/220V
処理能力※ 約500〜700kg/h
最大粉砕径 Ф80mm (剪定枝)
チップ粒径※
Ф30〜50mm
刃幅 30mm
二次
粉砕機 
形式/型式
二軸ミル式/WM20型
電動機容量 11kW 4P 200/220V 50/60Hz
電源 200/220V
処理能力※ 約400〜500kg/h
チップ粒径※
平均Ф3mm(繊維状)
刃幅 6mm

※処理能力、最大粉砕径、チップ粒径は、樹木の種類・乾燥度などで異なり、概略数値です。
※過負荷時は、自動停止します。
※制御盤と設備電源間のケーブルは所掌範囲外です。
※諸元外観は予告なく変更することがあります。