KYB技報

KYB技報のPDFデータを閲覧できます。※表示までの待ち時間はお使いのPC環境により異なります。


KYB技報をキーワードで検索


KYB技報 No. 51 OCT. 2015

KYB技報 第51号 全ページ(PDF 10.7MB)
目次(和)
目次(英)
巻頭言 >モノづくり設計の基本を再考する
ご挨拶 >ご挨拶
技術論文 >プラズマ電解酸化処理したアルミニウム合金に対する代替潤滑油の摩擦低減効果
技術解説 >環境対応型ショックアブソーバ油としてのポリアルキレングリコール(PAG)
>比例ソレノイドに対する磁場解析を活用した吸引力特性の最適設計
>ロッドパッキンの外観検査技術の開発
製品紹介 >移動体向け通信端末の開発
用語解説 >GPS, GLONASS, QZSS
製品紹介 >減衰力応答性改良バルブの開発
随筆 >タイ・マレーシア駐在記
製品紹介 >トラクタ走行用マニュアルサーボ付きHSTHVFD42Fの開発
用語解説 >HST
製品紹介 >自転車4軸振動試験装置
>DRE-401 ワーニングマップの開発
技術紹介 >ハンディターミナルを用いた部品・製品入出庫システムの開発
紹介 >中型KCHシリンダ インドネシア工場の立ち上げ
随筆 >日出づる国での発見
編集後記


KYB技報 No. 50 APR. 2015

KYB技報 第50号 全ページ(PDF 16.4MB)
目次(和)
目次(英)
巻頭言 >フルードパワーシステムの発展を願って
ご挨拶 >KYB技報発刊50号にあたって
>ご挨拶
論説 >技術移転
特別企画 >KYBが目指す技術開発
>KYBグループにおける電子機器製品開発と将来展望
>萱場資郎賞の40年と技術・製品の変遷
>KYBグループにおけるモノづくり
技術解説 >KYBにおける低騒音化技術
随筆 >チェコ駐在記
製品紹介 >高機能EPS用ECUの開発
用語解説 >EMC,EMI
製品紹介 >高機能EPS用電動モータの開発
>周波数感応ショックアブソーバの拡販への取り組み(大型車両への適用)
>スーパースポーツ車用フロントフォーク「AOSⅡ」の開発
>ミキサ車アイドリングストップシステム開発
>3軸起震装置の紹介
>ピストンロッド内配管シリンダの開発
>マイクロポンプユニット
>カートリッジバルブモジュールCVM・小型コントロールバルブCVS
技術紹介 >円筒型リニアモータを用いた航空機向け電動アクチュエータの開発
用語解説 >コギング
技術紹介 >油圧ショベル用シリンダ変遷
>コントロールバルブ用バルブハウジング加工ラインの構築
>計画通りに結果を出せる作業シミュレーションの実践
>岐阜東工場の構築について
>EPS開発におけるISO 26262対応への取組み
>大型ピストンロッド曲がり矯正機の開発 300 tonに耐え得る筐体設計
>EPS用ECU製造ライン構築
随筆 >仏独今昔駐在運転紀行 フランスRond-pointとドイツAutobahn
社外論文発表一覧
社外関係団体委員一覧
総目次
編集後記


※複写をご希望の方へ

KYB㈱は、本誌掲載著作物の複写に関する権利を一般社団法人学術著作権協会に委託しております。
本誌に掲載された著作物の複写をご希望の方は、(一社)学術著作権協会より許諾を受けて下さい。但し、企業等法人による社内利用目的の複写については、当該企業等法人が公益社団法人日本複製権センター((一社)学術著作権協会が社内利用目的複写に関する権利を再委託している団体)と包括複写許諾契約を締結している場合にあっては、その必要はございません(社外頒布目的の複写については、許諾が必要です)。

権利委託先 一般社団法人学術著作権協会
〒107-0052 東京都港区赤坂9-6-41 乃木坂ビル 
FAX:03-3475-5619  E-mail:[email protected]

複写以外の許諾(著作物の引用、転載、翻訳等)について
直接、KYB㈱へお問い合わせください

*Reprographic Reproduction outside Japan

One of the following procedures is required to copy this work.

1. If you apply for license for copying in a country or region in which JAC has concluded a bilateral agreement with an RRO (Reproduction Rights Organisation), please apply for the license to the RRO. Please visit the following URL for the countries and regions in which JAC has concluded bilateral agreements. http://www.jaacc.org/

2. If you apply for license for copying in a country or region in which JAC has no bilateral agreement, please apply for the license to JAC.

For the license for citation, reprint, and/or translation, etc., please contact the right holder directly. JAC (Japan Academic Association for Copyright Clearance) is an official member RRO of the IFRRO (International Federation of Reproduction Rights Organisations).

Japan Academic Association for Copyright Clearance (JAC)
Address 9-6-41 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-0052 Japan
E-mail [email protected] Fax: +81-33475-5619

このページの先頭へ